GPD Pocket 2おまけ日本語キーボードシール利用方法

最終更新: 2018年12月19日


GPD Pocket2 の特典でつけております日本語キーボードシールについてご説明します。


1.こちらのシールは106日本語キーボード設定用に作らており、そのまま使う場合、かな入力の方は「ろ」を張る場所がございません。


2.「\¥」ですが、CAPSキーの隣にはる形になりますが、そのままですと機能しません。(半/全)キーと同じ役割になる。


ただしこれら①②を解消するパッチはGPD社よりリリースされる予定です。


<<2018年12月19日アップデート>>

GPD社よりパッチがリリースされました。


3.またシールの誤植で「F」キーが「ほ」になってしまっておりました。あわせまして「ろ」のシールは貼るところはございません。こちらの対応については別途検討しております、恐れ入りますが現段階ではご了承ください。


4.そのため「101英語キーボード配列」で使われる場合にはこのシールは適用外です。


①レイアウト





②106日本キーボードへの設定方法

1.Windows 10の[設定]を開き[時刻と言語]を選択

2.

[地域と言語]を選択[日本語]-[オプション]を選択


3.

キーボードレイアウトで「日本語キーボード(106/109キー)を選択

4.本体を再起動させる


以上です。


もし使いにくい場合にはまた同じ手順にて「101キーボード」に戻すことができます。



GPD社日本語キーボードパッチを適用した場合のレイアウトはこちらになります。


[ESC]が「ろ」と併用、[DEL]が「_」と併用になるのでご注意ください。







0回の閲覧