GPD WIN MAXの先行予約を開始しました



開発から2年。。いよいよGPD WIN MAXの予約が開始されました。


最初にプロトタイプを見せてもらったのはもうおととしのことで、当初はAMD Ryzenでの開発でした。ただ、インテルに比べて開発ノウハウ・サポートが少ないAMDに関しては開発は難航しておりましたところ、インテルの第10世代が登場!性能的にこれなら・・ということで昨年より一気に開発が進捗してまいりました。


GPDとしては3代目のWindows PCゲーム機になり、どんどんとシステム自体も成熟しています。全体のケースはGPD MicroPCで採用されているような軽くて頑丈なケースを採用。またマウスパッドもMicroPCで好評だった非常に感度の良いものを採用しています。


そしてゲーム機の「命」とも言うべきゲームコントローラー部分、アナログスティックやボタンなどすべてWIN2とは違う部品になっています。感度がとてもよくFortniteのようなFPSや、ストリートファイター5のような格闘ゲームでもしっかりとしたレスポンスがでます。


肝心のシステムは第10世代インテルCore i5を中心にしたもので、グラフィックボードはオンボードの第11世代Iris Pus 940となります。インテルはグラフィックボードに非常に力を入れており、内蔵のとしては過去最高にスペックの高いものになります。


システムはもちろんCPUとグラフィックボードだけではなく、液晶モニターやメモリやストレージなど全体的なチューニングが施され、大半のPCゲームが動く仕様になっています。


これまで自宅のPCやコンソールでしか遊べなかったようなタイトルが、ついに持ち運べて遊べるようになります。


予約は開始されましたが、実際のお届けまではまだしばらくお時間をいただきます。

ぜひ楽しみにお待ちいただければ幸いです。


株式会社天空

代表取締役

山田 拓郎






0回の閲覧